タイムマネジメント

【時間の作り方】仕事が忙しくて◯◯出来ないという人は、言い訳です

仕事が忙しくて、

◯◯やりたいのに出来ない

子供がいるから☓☓行きたいのに時間が無いって

よく聞きますよね。でも私は、それは言い訳だと思います。
だって本当にやりたいことなら、なんとしても時間を作ろうとするからです。
どうしても射止めたい女性のためなら、
深夜だろうが早朝だろうが会おうとしますよね。それと同じです。

この記事の信頼性

実際私は、仕事と家事、育児も両立させながら、時間を捻出する工夫を実践し、以下のことを実践しました。

  • ジムに通わず、通勤時間のウォーキングを1ヶ月続け3キロ痩せた
  • 通勤中とランチタイム休憩でYouTubeの動画編集をして3ヶ月で30本投稿
  • 毎日定時退社して、半年で自作のウェデイングドレス製作
  • 子供より早起きし、副業やエクササイズの時間に充てる
  • 子供が寝た後に、翌日の夕食を作る。作りながらYouTubeを聞き流し副業の情報収集

 

一時的に睡眠時間を犠牲にしたこともあります。
でも、何かを犠牲にしないとやりたいことは出来ないです。
そんな私の具体的な方法と体験談を話します。

やれない理由ではなく、出来る方法を考える

仕事で忙しいと、

『ジム行きたいけど時間がない・・・』とか、

『◯◯の勉強したいけど、仕事がハードで疲れて出来ない』

と一度は考えたことありますよね。
でも、本気でやりたいことなら睡眠時間を削ってでもやるはずです。
忙しいから出来ない、ではなく、どうしたら時間を捻出して、実際に行動に移せるのか考えるべきです。

時間を作りたいなら、自分の行動を徹底的に洗い出せ

あなたの一日の行動って把握できていますか?
もちろんみなさんYESと答えますよね。
ですが、無駄な仕草はないか?という観点でもう一度考えてみてください。

  • 通勤時間中はなんとなくネットサーフィン
  • 帰宅後はYoutubeやテレビを見ながらダラダラ過ごしている
  • ランチ休憩中は同僚とダベる
  • 行かなくても良い飲み会に参加している

こんなことやっていませんか?

私なら、

  • 通勤時間中は、読書か副業の作業タイム(ヤフオクや動画編集、ブログのネタや構成を考える、ビジネス系YouTubeを聞き流して情報収集)
  • ランチ休憩は1人でとり、余った時間で自己研鑽
  • 定時退社でセミナーに出席し、独学で勉強する

こんな風に過ごします。残業があり、ハードな職種の方でも、少なくとも通勤時間やお昼休みで時間は作れるはずです。
どうしても達成したい目標があれば、短期間だけ睡眠時間を削る方法もあります。
自分の一日の過ごし方を、徹底的に洗い出し、時間が作れないか考えるのです。

やりたいことをいくつかに絞って、優先順位をつける

やりたいことは多くても3つぐらいに絞ると良いです。
あれもこれもと手を出すと、全部中途半端になります。
やりたいことに優先順位をつけて始めてみましょう。

例えば私はこんなふうに優先順位をつけてやっていました。

  1. 英語学習
  2. 運動
  3. 副業の情報収集

英語学習は、業後にカフェへ直行し2時間みっちり勉強するまで帰らない。
運動はジムに行く時間は作れないので、英語学習が終わったら2駅先まで歩きながら帰宅する。歩きながらYouTubeを聞き流し情報収集&電車の中で読書

これで両立出来ました。

応用編で、例えば3の情報収集が起動に乗ったら、今度は実行に移すために電車の中で副業をやり始めます。(もちろん電車の中でも出来る方法は考えるんですよ!)
これで更に多くの時間捻出をすること無く、次のやりたいことに進むことが出来ます。

子育て中は、子供が寝ている間が勝負

とはいっても、子育て中の方(特に保育園・幼稚園児をお持ちの方)は時間を作ることが難しいです。私もそうでした。帰宅後は子供の世話があり、自分のことは後回しですからね。子供が寝ている間を有効活用する他ありません。

  • 平日は、子供が就寝後と、早朝、通勤中と昼休み
  • 休日は子供のお昼寝時間を利用する

具体的には、YouTubeへの動画投稿をやりたいと思った時は、

  • 早朝、5時に起床し、6時半まで動画編集の勉強と、実践。
  • ランチ休憩は20分ほどで済ませ、残りの時間は編集作業or情報収集。
  • 通勤時間も有効活用していました。
  • 子供が就寝後は翌日の夕食を準備し、帰宅したら出すだけの状態にしておく。
  • 早時差出勤をして、退社時間を早める。お迎え時間まではカフェで動画編集。(夕食は、出すだけでOK)

このようにして、時間捻出する工夫を行いました。
これだけでも、平日は5~6時間ぐらい捻出することが出来ていました。

休日は通勤時間や、ランチタイムを1人でゆっくり取ることが出来ないので、もう少し作業時間は減りました。
そんな時は、自分の就寝時間を調整することもありました。

時間が無いを言い訳にしない

ここまで時間を作れたのも、私が一般事務職で残業がほぼ無い仕事だったことも大きいです。でも実際、意識して時間づくりをしていない人が本当に多かったので、

『Hikaruってどうしてそんな時間を作れてるの?!』とか、

『Hikaruさんはいつ寝てるんですか?!』

と言われていました。そういう人に限って、無駄なテレビをダラダラ見ていたり、やらなくてもいい仕事を引き受けて残業代稼いでたり、飲み会の参加率が高かったりするんですよね。
本当にやりたいことがあるなら、時間捻出の工夫をこらす、残業が少ない部署に異動願いを出す、それも叶わなければ、思い切って転職することもありです。
ぜひあなたも、上記のことを実践してやりたいことを叶えてください。