30代の働き方

ノースキルで転職活動って出来る?一般事務職歴10年以上の、私の転職活動の始め方。

大手企業の一般事務職として入社し、
10年以上勤務しているHikaruです。

その間に、異動、結婚、出産、復職、時短勤務
と様々な変化がありました。

もちろん順風満帆なサラリーマン生活だったわけではありません。

Hikaru
Hikaru
仕事辞めたい・・・

と思う期間もあったり、

Hikaru
Hikaru
辞めるほどでもないけど、やりがいがない

と思ったこともあります。

そもそも事務職しか経験もしてない、
一般職だし知識も劣るから需要なんてあるのか・・・?

なんて自問自答の日々で、実際に行動には移せず結局現状維持。

ところがあるきっかけがあり、
重い腰を上げて転職活動をやってみることにしました。

この記事では、

  • ノースキルでも転職活動は可能か
  • そもそも転職活動は、どこから手を付けたら良いのか
  • 本気で転職活動するまでもないけど、興味はある
  • 年収について、ぶっちゃけどうなのか知りたい
  • 転職活動の具体的な始め方

という疑問をお持ちの方に向けて、Hikaruの体験談を交えて答えていきます。

この記事のテーマ

ノースキルで転職活動って出来る?一般事務職歴10年以上の、私の転職活動の始め方。

ノースキルでの転職活動は可能か?

A.可能

理由:ノースキルなんてことはありえないから

これは、お世話になった転職エージェントの相談員に言われて
ハッとした言葉です。

どんな職種でも、ノースキルではない。

例えば、私の場合事務職10年以上。

私はてっきり、

Hikaru
Hikaru
事務職、しかも一般職なんてスキルにならない

と思っていました。

確かに『エンジニア』・『不動産営業マン』・『●●士』

とわかりやすいスキルは無く、目立たないかもしれないけれど、
他の人がやったことなければ、それは立派なスキルです。

実際に面談を進めていく中で、私の職務経歴書を見ながら、

  • 転職を意識した理由
  • やりがいを感じた瞬間
  • 異動した経験から学んだこと、もしくは異動前の方が良かったと感じた点
  • どんなことが出来そうか
  • どんな業界に興味があるか、逆に興味がないか

など、話を沢山引き出してくれました。

まずは、どうして転職に興味を持ったのか
ここから話を深堀りしていく感じです。
その中で、

エージェントの担当者
エージェントの担当者
Hikaruさんの強みや、他社で活かせるのは●●ですね

と結論を出してくれました。

転職活動の始め方

A.転職エージェント(無料)に登録する

理由:無料で相談に乗ってくれて、そのうえで沢山求人を紹介してくれるから

他にもやり方はあります。例えば・・・

  • ヘッドハントされる
  • 興味のある企業に自分で応募する
  • 転職サイトや、ハローワークで自分で検索する

です。

私のように、

Hikaru
Hikaru
そもそも向いている仕事がわからないし、興味のある企業も探せない!

なんて人が大半ではないでしょうか。

ヘッドハントされる人は、相当優秀な人、もしくは
社外の人と会う可能性がある職種

でないと難しいですよね。

そういった人にオススメなのは、転職エージェント一択です!!!

しかし丸投げは良くないです。
最低限

  • 職務経歴書(指定フォーマットがあります)
  • 転職活動を意識した理由を考えておく

これだけは、電話面談までの日までに用意しておきましょう。

エージェントとのやり取りの最初は、電話になります。
決められた時間内で話をズムーズにするために、
事前に準備しておくとベターです。

実際の流れは、以下のようになります。

  1. 転職エージェントに無料登録
  2. 事前に職務経歴書を準備
  3. エージェントと電話面談
  4. 求人紹介のメールを受け取る

簡単ですね。

登録は、氏名や住所、勤務先など15分もあれば完結できます。
職務経歴書は、各社指定されたフォーマットがあるので
記入するだけでOKです。
もし、複数社に面談を依頼するなら、
フォーマットは違えど、記入する内容は同じなので、コピペでOK!

電話面談は大体60分ですが、
私がお世話になったリクルートエージェントは、
90分間も親身になって話を聞いてくれました。

ここまでやってくれて、全部が無料って凄くないですか?!

  • 転職を迷っている
  • 自分にできることが何かわからない

という方も、登録・相談するだけなら無料なので、
一度やってみることをオススメします。

その後のことは、やりながら考えれば良いのです。

スムーズな転職活動のやり方とは?(A.軸ずらし転職)

A.軸ずらし転職がおすすめ

理由:決まりやすいし、入社後もスムーズだから


軸ずらし転職とは?

今までいた業界、もしくは職種は変えないで転職活動をすること

例えば私の場合、

金融業界事務職

でしたので方法は2通りです。

  1. 金融業界の別職種
  2. 別業界の事務職

そして私は②を選びました。

10年以上在籍がありますが、
他社で活かせるほどの業界知識はないからです。

そもそも転職活動における採用企業側としては、

即戦力

を求めています。

新しい業界&新しい職種

では、

エージェントの担当者
エージェントの担当者
覚えることが2倍になり、入社後大変ですよ

この事実をふまえると、

『採用が決まりやすく、自分も入社後スムーズ』

なのは軸ずらし転職であることは間違いありません。

これは、転職エージェントで教えてもらいました。

Hikaru
Hikaru
そんな方法があるのか!

と目からウロコでした。

こういった情報も、
転職エージェントに相談しなければ知り得なかったです。

それからは、気になる業界、逆に興味のない業界を伝え
電話面談は終了。

すぐに事務職の求人が送られてきました。

週に4~5回、1度に5つは求人が送られてきます。

Hikaru
Hikaru
事務職の需要って意外とあるんだな~

と感激しました。

どうせ転職するなら年収アップしたい!という人へ(具体的な年収公開)

A.最初の転職は、必ずしも年収アップを狙わなくてもいい

理由:スキルをストックして、また転職すれば次で年収アップが狙えるから

ちなみに年収が決まる条件ってご存知ですか?

  1. 業界
  2. 職種

なんです。

転職希望者
転職希望者
この仕事で年収アップさせたい!

と思っても、業界や職種によっては限界があるということです。

ちなみに業界であれば、

  • 伸びている業界
  • 利幅、マーケットが大きい業界

なので、現代であればIT業界や、不動産業界、金融業界です。

職種は、歩合で大きく利益が出せる営業や、IT業界エンジニアあたりです。

私は金融業界に在籍していたものの、
他社で活かせるほどの知識があるとは言えなかったので、
事務職軸で転職活動を進めました。

事務職の年収は頭打ちです。

もともと460万円あった私の年収は、一般事務職としては高い方でした。
※金融業界だったから

業界をずらすと、年収はやはり落ちてしまいます。
送っていただいた求人の年収の平均は、

大体300万~350万程度

でした。

もしこれをお読みのあなたに、
何か特別なスキルや、業界知識があれば年収アップの夢はあるかもしれません。

でも、私のように一時的に年収が下がったとしても、
そこで得た知識やスキルを活かして、再転職も大いにアリです!!
むしろ私はコレで行きたいので、

Hikaru
Hikaru
不動産業界やIT業界に興味があります!これからはそれメインで求人紹介してください

とメールで伝えました。

やはりその後は、350万~400万と、
年収が少し高めな求人が多くなりました。

広告業界で2回転職を経験した友人の話

新卒から広告業界で働く友人Yの話です。

Yも、転職エージェントに登録して活動していました。
軸もしっかりとして、知識も沢山あったので
1ヶ月で入社が決まっていました。

1社目:インターネット広告代理店で、オペレーション担当
2社目:大手メーカー直下の広告代理店、オペレーション担当
3社目:業界大手の広告代理店で営業担当

年収は2社目で落ちたそうですが、3社目で1社目を超えることが出来たそうです。

ちなみに3社目の代理店は、彼女の新卒時の第一志望の会社でした。
結果的に2回目の転職で夢を叶えて、とっても嬉しそうでした。

彼女にも、転職活動の相談をした時、

Hikaru
Hikaru
事務職なんて需要ないよね・・・

それに対して彼女の回答は、

友人Y
友人Y
いやいや、事務職も立派な仕事だし、私なら逆にできないもん

と言われ、これもまたハッとしました。

誰にでも出来る仕事は無いんだ、
事務職だって立派なプロ!

と自信が持てました。

まとめ

いかがでしたか?

転職という言葉が頭をよぎったことがある方は、
一度転職エージェントを利用してみることをオススメします。

必ず転職しなくてはいけないということは無いです。

電話面談や、実際に面接に進んで、

男性
男性
今の会社でもっと頑張ってみよう
女性
女性
もっと他の業界でも良いかもしれない

などと思えたなら、それだけで収穫ですよね。