休職

休職初日に転職エージェントに登録した私の体験談

10年勤めた大手企業を休職中のHikaruです。
仕事のストレスからうつ病になってしまい、休みはじめて現在3ヶ月目に突入するところです。
休職して真っ先に考えたことは、職場を変えること。
つまり転職です。そんな私の体験談をお話します。

休職初日に転職エージェントに登録

登録したのは、マイナビエージェントと、リクルートエージェントです。
なぜエージェントに登録したのかというと、面談をして自分の転職軸を見つけたかったから。
登録自体は簡単でしたが、それまで職歴や、具体的な職務内容、今後希望する職種や業界について入力するフォームがあり、結構時間がかかりました。
書きながら、10年間を振り返って、結構いろんな事があったなぁと思い出しました。

いざ面談日

登録完了後は、それぞれエージェントからメールで面談日程の調整指示が届きました。都合のいい日(といっても仕事を休んでいて時間はあったので、翌日に設定)を決めて面談しました。
面談はマイナビが40分、リクルートエージェントが1時間半。
マイナビは、

『今の御時世(コロナ)だと正直求人数も少なく、切羽詰まっている状況でもなさそうなので、もう少し後の時期にしたほうが良い』

というアドバイスでした。

リクルートエージェントの面談は満足度高かった

対してリクルートの方は、かなり私の状況に寄り添って提案をしてくれました。
私は転職市場では断然不利なことはわかっていました。
残業できない&特段資格もないただの事務職の求人なんてほぼ無いだろうなぁと思っていました。
しかし、エージェントの担当のお姉さんは、

『私の希望に沿ったものと、条件にあったもの両方で幅広く求人紹介していきますね!』

と前向きでした。

求人情報がわんさか送られてくる

面談後は、平日は毎日2~5社の求人が送られてきました。
これは!というものもいくつかあり、お気に入り登録した求人もありました。
詳細を見てみると、応募枠1人に対して何十人も応募済みとあり、やはり市場は厳しいことがわかりました。

転職活動はいったんストップした

わんさか送られてくる求人情報をみて、

『そもそも私はどこかの企業に属して、またサラリーマンとして生きていくのか?』

と立ち止まって考えてみました。
すると、答えはノーだという結論に。
だから今こうしてブログに全力投球しています。
エージェントと面談して、自分の強みや軸というものがわかっただけでも利用して良かったと思います。
それに、やっぱり転職より自分の好きなブログをやってみようという気持ちが芽生えたことが大きな収穫です。

休職中の転職活動

罪悪感を持つ人もいるかも知れませんが、休職していなくても転職活動をする人の方が一般的ですよね。
エージェントに登録して面談するだけなら問題ありませんし、それで転職活動を進めるのか、しないのか決められるだけでも十分な経験です。
私はやってよかったと思っています。
とはいえ、まだ求人情報は送り続けてもらっています。
ブログを続けたいと思っていますが、今後どうなっていくかはわかりませんからね!
今回はマイナビエージェントとはご縁が無かったですが、もう少し時期を改めてというのも立派なアドバイスです。
転職市場の状況も知れたし、履歴書をまとめることも出来たので気付きが沢山ありました。
迷っている人は、是非チェックしてみてほしいです!