30代の働き方

時間労働だけの一生はキツイので、自分のスキルを磨きましょう

なんでこんなことに10年間も気が付かなかったんでしょう。サラリーマンは一部の優秀な人を覗いて時間給。自分の時間を売ってお金に変えているだけなので、その会社やサラリーマンを辞めると他で潰しが効かない。転職できても、好条件での転職はなかなか難しいのではないでしょうか。

不満があるなら転職する?

会社や仕事に不満があっても

『転職するまででは無いな』

とか、

『それでもこの条件は悪くないから現状維持でいいや』

と、諦める人、結構多いはず。

実際私や、同期、同僚たちもそうでした。仕事に不満や愚痴はあっても、他でいい条件で採用されることは期待できないから会社にしがみつくしか無いよね。と話していました。

なんだかこの、

『会社にしがみつくしか無い』

にずっと違和感を持っていました。

あなたの所属する会社が、未来永劫安泰とは限らない

私達親世代の一昔前までは、終身雇用や定年退職、年功序列が当たり前でした。だから親や親戚に

『転職したい』

と話をふると、

『一つの会社にいた方が良いに決まっている』

と言われ、転職に対してマイナスイメージしか持っていません。確かに10年ぐらい前までは我社でも転職者は殆どおらず、ここ最近やっと増えてきて、その増え幅が大きくなってきました。社内で優秀な人がどんどん辞めていき、多い時は月に10人辞めて半分以上転職なんて時も。(残りは定年退職)

我社も少しずつ年功序列を崩壊させる動きや、給料の見直しが入っています。会社が時代に合わせて変革していくことは悪いことではないですが、そういう変化にただ振り回されるだけの私達平社員。なんのスキルもないので、それを掲げて反旗を翻すこともできません。だからただ会社にしがみつくしかない。

不満があっても逃げ道がないのはツラいだけ

会社の決定した変革や、仕事に対する不満、職場の人間関係、通勤時間や勤務地、給料への不満・・・これだけ不平不満があっても、我慢料が給料と言われ何もできないのはもったいないです。会社で過ごす時間は一日の中でもかなりの割合を占めています。通勤時間も含めれば、社会人人生=仕事と言っても過言ではありません。

それがただツラいだけの労働で終わるのって虚しすぎませんか?定年まで勤め上げ、やっと仕事から開放される!と思っても特別なスキルは残っていない。時間の切り売りでしか稼ぐ方法を知らなかった自分は、会社を出ればただの人です。

 

まずは何かスキルを身につけることから

趣味でも、特技でもなんでも良いです。会社以外の場を持ちましょう。自分の意志で選んでやってみることって、仕事と違って楽しいはずです。それが発展してスキルとして身につくと、飛躍的に伸びます。

私の場合は、とりあえず何か稼げるようなスキルを!と思って色々手を出しました。

それで残ったのがブログとWebライターの仕事でした。ブログはまだまだ発展途上ですが、Webライターの仕事は、クライアントからかなり重宝され単価アップもして頂けて、これが私に合っていたとわかりました。

そうなると、気持ちが一気に楽になります。会社の仕事で詰んでいても、こっちの仕事があるから固執しなくてもいいんだ・・・と。

スキルを身に着けて一生モノの宝を得よう

自分のスキルを生かせる仕事をすると、なんていうか、生きているって実感ができますよね。強制されたものではない自発的に行う仕事、つまり自分の仕事です。そういうものに時間と労力を割きたいものです。

自分のスキルさえあれば、例えどんな状況になっても自力で再生できます。時間労働では決して得られないものです。

スキルは何でも良い

人生を豊かにしてくれる自分のスキルは、何でもいいのです。見つけ方は、自分の好きなもの、得意なこと、やっていて苦ではないことなど色々挑戦するとわかってきます。私も習い事や趣味、副業と最低でも10個は手を付けました。何が残るかわからないので、とりあえずやってみることが大事ですね。

意外と面白くなかったなーとか、思ったより出来るなとか、色々実感があるはず。その実感をもとに、次の行動を考えれば何のリスクもありませんからね!

次から次へと変えていいのか?と思うかもしれませんが、始めたことを全部続けるべきなんてことはありません。誰にも迷惑かかっていませんからね。

今日からあなたも、ちょっとでも興味のあることは小さく始めてみてはどうでしょうか。