働き方

退職したら、人生終わりじゃありません

仕事を辞めたくて仕方なかったHikaruです。

『新卒入社した会社を辞めるのはもったいない・・・』

この一心でなんとか我慢して10年以上続けていましたが、ようやく一歩進むことが出来ました。

今考えれば、『我慢し続けていたことのほうがもったいなかった』とさえ思えます。

そう思えるようになったのは、ある言葉がきっかけでした。

仕事を辞めることが不安なら、違う環境に目を向けてみる

違う環境で働く人を見たり、実際に話を聞いたりして情報収集をはじめてみればいいと思います。

私の場合、情報収集の源はインターネットでした。

脱サラしてフリーランスでいきいき働く人、起業や、自分の能力でのびのび自由に働く人が、世の中にはこんなにもたくさんいると知りました。

『サラリーマンだけが働き方じゃない・・・』

この様に気がついてから、私の情報収集は加速していきました。

今の状態は、あなたにとってのベストな状況ですか?

情報収集する中で、この言葉に出会いようやく私の目標が定まりました。

『サラリーマンは卒業しよう。自分の仕事をしよう』

どこか別の企業に転職することばかり考えていましたが、ハードルが高いことを思い知らされます。

一般職として事務しかやってこなかった平凡なサラリーマン。

しかも時短勤務希望なんて、圧倒的に不利です。

それに、サラリーマンである以上、理不尽なことが発生することは目に見えています。私はその理不尽に耐えられなくなったのです。

※休職した話

『あ?私サラリーマン向いてないんじゃない?!』

という結論に至りました。

理不尽に耐えて、時間給を稼ぐサラリーマン

10年以上働いて言うのもなんですが、
私にはサラリーマンという環境が向いていなかった。

意思とは関係なく降りてくる理不尽な仕事

付き合い残業が正義

周囲と協力と言う名の、担当外の業務の押し付け

成果を出しても、反映される給料やボーナスは雀の涙

仕事しないオジサン・オバサンのしわ寄せが来ること

満員電車で消耗

上司の顔色伺い

理不尽な年功序列

こんなことにはもう懲り懲りでした。

それでもきちんと出社して時間内に仕事をしていれば毎月固定給が入ってくる。

でも、そんなメリットでは、私の決意はゆらぎませんでした。

嫌な仕事で消耗していたら、それは時間の浪費でしかない

死ぬときの後悔ってなんだか知ってますか?

やりたいことに挑戦しなかったこと

が第1位です。

これって裏を返せば、

『やりたくないことをやめなかったこと』も後悔のうちに入ると思います。

通勤電車で消耗し、嫌な仕事もサラリーマンだから仕方ないと割り切って、

ただただ時間が過ぎるのを待ち、たいして上がらない給料だけを目当てに働く人生。

サラリーマン人生が終わった後残るのは、後悔と後戻しできない時間です。

今日が一番若い日

私が一番好きな言葉です。

これもまた、情報収集の中で出会ったある人の言葉です。

何かを始めるには、遅すぎるなんてことはない。

やろう!と思った今日が一番若い日です。

もしくは、やめよう!と決意した今日が一番若い日。

仕事を辞める=逃げること?

ではないと思います。

後悔のないように、今の最善の選択をすることです。

自由な仕事スタイルで生きている諸先輩方のおかげで、
退職を重く考えなくなりました。

(もちろん現実的に解決しないといけない問題もあるけど・・・。
当面の生活費とか、社会保険とかね。)

サラリーマンだけが全てじゃないんだ、

といろいろな選択肢を考えられるようになりました。

つまらない、辞めたいと思っている仕事で心身共に消耗し、
時間を奪われるのはもったいないです。

退職は終わりではなく、新たなスタートです。

世界と見比べても日本は恵まれています。
ノタレ死にやしませんので、安心して?
退職という選択肢も考えてみてはどうでしょうか。