30代の働き方

専門商社の一般職から、外資系ベンチャーの営業に転職した友人の話

大手企業一般職の仕事で詰んで休職しているHikaruです。昨夜、1年半ぶりに大学時代のアルバイト先で知り合った友人と飲みに行きました。彼女はもともと専門商社の一般職として9年ほど勤務した後、まったく畑の違う場所への転職に成功しています。

転職した理由

理由は簡単。一般職の仕事がクソつまんなかったから

入社以来ずっと同じ部署で、仕事内容も変わらず。正直つまらないし、これから成長が見込めないと判断し見切りをつけたそう。年収はキープしているとのこと。

転職に、そこに選んだ理由

彼女も転職サイトにいくつか登録して、毎日送られてくる大量の求人を見ては応募してを繰り返していたそうです。

実際に面接まで行った会社も何社あるけれど、いまいちピンと来ないことが続く中、現在の会社に出会ったとのこと。それも、いつも送られてくる求人のメールではないところに埋もれていて、たまたま発見したらしいです。

実際に面接すると、担当者と話が盛り上がりここならやりたい!と思い入社を決意できたと言っていました。

転職の考え方

彼女の場合は希望がハッキリしていました。英語を使った仕事がしたいということです。なので、業界も、職種も前職とはまったく関係がないものです。

私の場合は軸ずらし転職の考え方をもとに、他業界の事務職を希望として転職エージェントに求人の送付をお願いしています。

友人のように、やりたい仕事や業界の希望がハッキリしている場合は、

『この職種・この仕事がしたい!』

という考えを持って転職活動が出来ますね。

ノースキルで転職活動って出来る?一般事務職歴10年以上の、私の転職活動の始め方。大手企業の一般事務職として入社し、 10年以上勤務しているHikaruです。 その間に、異動、結婚、出産、復職、時短勤務 と様...

 

転職した感想

転職して本当に良かったと目をキラキラさせていました。

人数も少ないからなんでもやらないといけないし、前職と違って社内体制も整っていなくて面倒くさい点もあるけれど、日々勉強になるからやりがいありまくりだそうです。なんだか話を聞いていて、羨ましくなりました。

フリーランスの前にまず転職?!

そんな彼女のイキイキしている姿を見ると、会社に所属しながらスキルを磨いて暫くして独立もありかなと思えました。

そもそも私は組織に所属することが苦手なタイプと認識したので、フリーランスという道を考え始めました。だから転職しても、そう長く居続けるつもりもありません。

それに子供も小さいから時短勤務を希望します。そんな人雇ってくれるところ無いと決めつけていましたが、彼女から、

『それなら派遣や契約社員を探して、在宅も出来るような仕事で探してみても良いんじゃない?』

とアドバイスされました。

ほう!それは思いつかなかった!

 

さっそくエージェントに職種変更の連絡

さっそくいつも求人情報を送ってくださるエージェントに連絡しました。

まずは他業界の事務職で正社員という希望を覆し、派遣や契約でも良いから、Web製作やライターの仕事を在宅でも出来る仕事という軸に変更です。

そして、別のサイトも覗いてみました。派遣や契約に特化した転職エージェントです。

 

転職の話は背中を押される

私の周りに転職をした友人や親戚は、10人以上は居ます。会社の同僚含めればかなりの数です。ちなみに旦那も転職しています。

みなそれぞれ、転職ストーリーはあるけれど、どれを聞いても刺激的。

今までは

『いいなー別のフィールドでも活躍できて!』

と、隣の芝生ぐらいに思って何も行動を変えませんでした。

でも今はそれが自分ごとになり背中を押される思いです。

まずは動いてみることから。

仕事に悩んでいるそこのあなた、動くのはタダです。今からでもできるので一度考えてみても良いのではないでしょうか!