働き方

会社説明会では決して語られない、サラリーマンあるある

大手企業にありがちなサラリーマンあるあるをまとめてみました。
私は創業50周年以上のとある業界最大手企業に10年以上勤める一般職です。
10年もいると当たり前なのかと思ってしまいがちですが、
他社の友人と会話すると全く異なる社風に驚かされます。
そんな気づきを一部紹介&考察していきたいと思います。

給料は大して上がらない

給料は大きく下がることもなければ、大きく上がることもない。
成果を上げてもそこまで給料に反映されないかわりに、自分がミスをおかして損失を被っても、減額されることもないので表裏一体と言えます。
役職にさえ就けば、手当で跳ね上がることもあります。
その代わり残業手当が無くなり、所得税など納めるものも増えて、結果そんなに変わらないということは往々にしてあります。

暇な時期もある

ものすごく忙しい時期もあれば、逆に超絶暇な時期もあります。
デスクにぼんやりと座っているその間も給料が発生するので、そういう時はラッキーと思いましょう。
裏を返せば、暇な時も満員電車にもまれて出社はしないといけない。
行っても大した仕事がなかったらそれはそれで辛いです。

組織改定に振り回されまくる

我社特有なのかもしれませんが、数年に一回社長が交代になります。
大手の闇ですが、役員が増えると、そのぶんポストを用意する必要が出てきます。
能力や人望で選ばれるのはなく、社内政治的な順番や理由、忖度が発生。
皆それぞれが自分のおはちが回ってきた時、それまでにない斬新な政策を打ち出そうとします。
その都度社の方針が変わり、部署の編成や、座席、既存プロジェクトの急な撤退、新規プロジェクトの急な立ち上げなど、とにかく社内はかき乱されました。

風通しが良い社風は、都市伝説

風通しはそこそこのポジションまでは良い。が正解です。
自分の所属する部署の長までぐらいはOKでたとしても、その後がなかなか難しいです。大企業ですと、社員数も多く、縦社会なので上に話を通すまでが遠い道のり。
例えば、服装規定を変えたいという人がいたとします。
まずは同僚に話して同じ思いを持つ仲間を数人集めます。
そのことを上席に話すと、そこから部長、常務、専務、さらに上の偉い人の決裁と何段階も通さないと決まらないのです。
昔からそうだったから・・・とか、よくわからない理由で却下されることもあります。

やりがいを持って働く社員はごく一部

会社説明会で、やりがいに満ちた仕事の体験談を聞いたことはあるでしょう。
あれは会社説明会用に人事部によって選びぬかれた生え抜きの秀才たちです。
あなたがそうならないとは言いませんが、何千にもいる中のごく一部でしかないことを肝に銘じましょう。
その他は、誰がやっても同じ業務を、人事異動でローテーションしているだけなのです。悲しいですがそれが現実です。

まとめ

サラリーマンというものは、自分の意志と関係ないところで常に振り回されるのです。社員は社長と株主のための駒に過ぎないのです。
それをよく覚えておいてください。
振り回されるのが嫌、自分の意志で全て決定したい!
というのであれば、今すぐサラリーマン意外の道に進みましょう。
さぁ、あなたはどちらですか?