働き方

仕事選びは、自分の人生の目標から逆算して考えよう

大手企業に就職さえすれば、人生勝ち組だと思いこんでいました。

ここに入社すれば、一生安泰でやりがいのある仕事ができて、
給料も保証され、人間関係も恵まれて・・・
そんな希望を持って我社を選びました。
現実はそうはいかず、
嫌な仕事、怖い先輩、わずかしか上がらない給料、
パワハラ上司と、苦難の連続でした。
12年目の初夏、入社時には想像もしなかったことが起こりました。
仕事のストレスが原因で、うつ病と診断されてしまいました。

会社(仕事)選びは挑戦したいことを基準に選ぶと、プラスに働く

●●というスキルを身に着けたい
会社で■■を成し遂げたい

そういったモチベーションを持っていると、
苦難にぶち当たった時に、

『では次はどうすれば、もっと良くなるか?』

と考えられます。達成したい夢や目標があるから。

目標に向かって創意工夫することで、
思考力だったり、仕事のスキルだったり、問題解決力が養われ、
結果的に自分にプラスになります。
そこで得たスキルで思わぬキャリアアップや、
転職にも有利に働くので未来に繋がります。
では、私の場合はどうだったでしょう。

条件やネームバリューだけで会社を選ぶと、将来行き詰まる

私の場合は、仕事で達成したい目標や、得たいスキルは特になかったです。
入社理由は、ネームバリューや条件が1番良かったから。
新人の時は、

『真面目に仕事をこなし、言われたことはしっかりやろう!』

という気持ちはありました。

そんな私が仕事に違和感を覚え始めたのは、
誰がやっても同じだけど、
面倒だから誰も受け取りたくない業務を、押し付けられていたこと。

自分では

『クソゴミ案件のゴミ箱担当』

と心のなかでディスってました。

クソゴミ仕事でも、それをすることで自分が得たい知識を習得できて、
達成したい目標がある場合は、
その仕事を自分ごとと捉えることが出来るので、プラスに働きます。

自分にはそういうモチベーションはなかったので、

『なんで私ばっかりこんなクソゴミ仕事を押し付けられるんだよ!
他にも同じような人材はいっぱいいるのに。』

と、理不尽さを感じていました。

そうなると、

『この会社にいる意味ってなんだろう・・・』

とどんどんマイナスに考えてしまうようになりました。

会社で自分の居場所に行き詰まった社員の末路

仕事の愚痴は、同僚や家族にぶつけて終わり。
それでも安定して給料は貰えるし、
休みは取りやすいし、仕方ない、と割り切ることで
だましだまし続けていました。
ところが、あることが起爆剤になり会社に行けなくなってしまいました。

その起爆剤になったことや、日頃の我慢を思い出すだけで、胸が締め付けられます。

子供を寝かしつけながら、気がつくと涙が溢れていました。

『私、なんのためにこの仕事してるんだろう・・・』

ついに翌朝、

『会社に行きたくない・・・』

と、初めて病気や休暇以外の理由で会社を休みました。

次の日も、その次の日も、行けませんでした。
夫のすすめもあり心療内科を受診。
私は非定型うつ病と診断され、休職することになりました。
診察室では状況を話しながら号泣していました。

仕事を選ぶなら、歩みたい人生から逆算して考えよう

ネームバリューや、給料などの条件しか考えず仕事を選んでしまうと、
絶対どこかで挫折します。
もしその仕事でなにか問題が発生した時、
自分ごと捉えて対処できず、マイナスにしか働かないからです。

仮にその仕事が、自分のやりたいこと、
学びたいことを基準に選んでいれば、発生した問題にも
積極的に対処していけるはずです。

あなたの歩みたい人生はどんなものですか?

大企業のエリートとして、昇進することがあなたの夢ですか?

それとも、昇進よりも自分の興味関心があるジャンルで活躍し、
その道のプロになることですか?

今の私なら絶対に後者を選びます。
入社当初や若い頃には気が付きませんでしたが、
30代になり、子育てを経験し、
自分の時間はタダではない、一瞬一瞬が貴重なんだ
と思えるようになったから気がつくことが出来ました。

少なくとも今後は、クソゴミとしか思えないような仕事は、
いくら条件が良くても選びません。

私も休職中の今このブログを通して、
自分のやるべきことを模索している最中なのです。

今後どう進んでいくかは未知数ですが、
この経験が私に気が付かせてくれました。
私の望む人生において、今の仕事を継続するべきでないと。

休職はただの過程でしかありません。
気がついた今が行動を起こすチャンスです。
仕事を続けるか悩んでいる方は、
一歩立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。