後悔

子育てしてみて後悔したこと

もっと世の中の有名なエンタメに触れておけばよかった・・・

具体的にはジブリ作品、ディズニー映画、日本のアニメ、
昔話や、海外の児童文学など。

Hikaruは、30代前半ですがディズニシーにある、
センターオブジアース
が、原作・映画があることをつい昨日まで知らなかったんです。

たまたま午後のロードショーをつけたら放映されていました。
そしたら面白い面白い。

気になって調べると、

『あ!あのシーにあるやつか!知らなかった~』

と急に人生損してる感にさいなまれました。

子育てしていると、今までの自分が育った頃を振り返ることがあります。

母親の影響で、大衆的なエンタメから遠ざかっていた私は、
え?そんなことも知らないの?!
っていうほど有名なエンタメをちゃんと見たことがありません。

ちなみに母は、ディズニーランドやシーが好きではないです。
物心つく頃には、そう教えられていました。

ディズニーリゾートは、ぼったくり
混んでる

こんな理由で、作品自体も敬遠していました。

そもそも母親は、ニッチな作品ほど良いものがある!

という思考でした。
逆に、大衆的にウケる作品は好きではない
とハッキリ言っていたので、
私に提示される選択肢も限られていました。

小学生の時に、テレビでジブリ作品を見た時は、
結構感動したけど、

『お母さんが嫌いって言ってるし、私も見ないようにしよう』

と、自分の気持ちに蓋をしてしまいました。
今考えれば、

そういう考え方、刷り込みが可能性を狭める

ということに気がつけばよかったけど、
小学生ではそこまで考えられません。

でもやっぱり大きくなるにつれて、
エンタメ系の話題についていけず、違和感を感じていました。

ニッチな作品が悪いとは言わないし、
感動するものは沢山あります。

でも、大衆エンタメ無くして、語れないのではないか?

と思うんです。

現に子育てしていて、大衆エンタメに助けられることは多々あります。

ディズニーランドに子供を連れて行った時は、
子供も楽しそうだったし、私も凄く楽しかった。
わりと行きやすいロケーションに住んでいるはずなのに、
今までで5回も行ったことなかったです。
行ったのは修学旅行とか、友達ととかで、
家族と行った思い出はほぼ無いです。

アンパンマンもあまり見たことなかったけど、
大人になってから子供と一緒に見てみると<色んな見方ができて面白い。

これからはもっと知見を広げようと思います。
子供の為もあるし、私自身のために。

子供に色々なものを提示して、その中から選択してもらうほうが
子供の可能性を広げると思います。

それには、自分自身が色々なことをバランス良く知っておくと有利ですね。

さっそく図書館で、

トム・ソーヤーの冒険を借りましたww